みやこ浄土ヶ浜遊覧船

イベント情報

冬季ドック作業 着々と進行中!

皆様こんにちは。事業部長です。2月に入りましたが、寒い日が続いておりますので風邪やインフルエンザに気を付けましょう。うがい、手洗い励行しましょう!

第16陸中丸の冬季整備作業は、予定通りの工程で進んでおります。今回の大きな整備作業は、メインエンジンを新しくすることです。今年のお正月まで稼働した日産ディーゼルのエンジンは、昭和63年から約25年間無事故で頑張りましたが、どうしても色んなところに老朽化が見られており、今後の安全性を考えた時、またこの1隻残った第16陸中丸の使命を考えた時、まだまだこの船には元気に頑張ってもらわねば…ということで、エンジンを載せ替えることに致しました。

多くの方々から、次の船はいつ?という質問を受けますが、新しい船を造ったり中古船を探すことより、この船をしっかりと整備し直し、使い続けることが優先と判断した次第です。今まで以上この船で頑張りますのでご支援宜しくお願い致します。

事業部長  佐々木 司

本日1/15(火)より春まで運休になります!

※ 船体整備ドックの為運休になります。実は本日15日大槌の造船工場に回航する予定でしたが、低気圧の影響で明日16日に順延になりました。

船長も機関長もツナギ服に着替えてペンキ塗りからエンジン整備、第16陸中丸をきれいな姿に戻すよう一生懸命に整備します!

定期運航再開は3月16日(土)からになっておりますが、団体の臨時便対応で3月初旬から運航する予定です。日程確定しましたら再度このHPでご案内致します。

今期のご利用まことにありがとうございました。  事業部長

新年あけましておめでとうございます!

謹んで初春のお慶びを申し上げます。昨年は多くの皆様からご利用頂き心から感謝申し上げます。

新年恒例の「初日の出洋上遥拝クルージング」無事運航致しました!総勢279名のお客様を乗せて、第16陸中丸は夜明け前の洋上へ。幣伊崎をかわして遮るもののない太平洋から昇る初日の出を堪能、お客様の笑顔が船内中に広がりました!

幸先の良いスタートを切ることが出来ましたが、もっともっと皆様が楽しめる遊覧船を目指して参りますので、今後ともご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。   事業部長 佐々木 司

クリスマスプレゼント戴きました!

みやこ浄土ヶ浜遊覧船にクリスマスのプレゼントが届きました!

どうです!本物より本物らしい(?!)素晴らしい作品でしょう。東京にお住いの塚田三与志さんが、津波から難を逃れたこの第16陸中丸の話を知り、長い時間をかけ手作りで作ってくれたのです!塚田さんのご厚意で我々に寄贈して戴くことになり、12月21日に立派なアクリルケースに入って、浄土ヶ浜港に入港してまいりました。塚田さんは津波で流された釜石の双胴船「はまゆり」も制作し釜石市に寄贈されたそうです。このように心を込めた作品を送っていただき、やはり我々は多くの皆様から支えられて運航していることを実感致しました。感謝!

現在高台の第一駐車場にある事務所では窓口業務を行っておりませんので、多くの皆さんがご覧になれるように、桟橋窓口に飾らせていただきます。ぜひ一度本物をご覧になって、横に係留している本物(?!)と見比べてみて下さい。その出来の素晴らしさにビックリしますよ! 塚田さん本当にありがとうございました!

浄土ヶ浜海岸遊歩道工事中です。

現在浄土ヶ浜の海岸遊歩道は、津波崩壊により復旧工事中です。観光シーズンも終わり、来春のシーズンに向けて工事のピッチは上がっております。今回環境省さんが全面的に工事を行い、単なる「復旧」ではなく、津波災害にも対応出来る、利用者にもやさしい「新しい遊歩道」を作ってくれることになっております。工事がどんどん進んで、皆さんが来訪の頃には利用出来るようになっていると思います。乞うご期待!これからも工事の進捗状況は随時ご報告致します。お楽しみに!

写真は浄土ヶ浜ビジターセンターから撮ったものですが、新しい道が正面の遊覧船に向かって作られております!いい感じですね!